大まかな回収の流れと裁判

売掛金回収を弁護士に依頼するとした場合に、大まかな流れとしては次のようになります。まずは相手にその旨を通知することになります。それは、郵便局を通す「内容証明」というものです。それは裁判時の証拠として用いることもできます。その内容証明には、金額や支払期日などが記載されており、受け取った本人に対して、弁護士が関わっていることを示すことができるので、より支払わなければならないという考えを起こさせやすいもの、と言えます。ただし長期間沈黙を保ってきた人からすれば内容証明だけでは支払いに応じないこともあります。

そこで次の段階が『督促』を行うという段階です。督促は内容証明とは異なり、より支払いに関して強い意味を持たせることができます。それは弁護士からではなく、裁判所からの通知となります。それに対して支払や異議申し立てがなされないのであれば正式に訴訟に移行してしまうことから、結局は債権者はそこで何らかのアクションを起こさなければならなくなることが多いでしょう。もちろんそれにも応じなければ強制的な方法として強制執行があります。

これら一連の流れを完全に理解している弁護士に依頼することができますから、ぜひそうすることで回収できる確率を向上させたい、と思うでしょう。