債権者の『資力』を把握することについて

『無い袖は振れない』という言葉がありますが、どれだけ回収できていない債権があったとしても、債権者に債権を返済する能力が無い状態であれば、回収するのは難しいでしょう。ただし、実際はそう見せかけておいて、本当はすぐに債権を返済できるような資産を持っていたとするならば、どうでしょうか。もしかすると支払い能力があるのに支払いが行われていない、ということもあります。このためには、相手の資産をある程度把握しておく必要があります。その上で、どのような手段を取るかというのを決定することができる、と考えれば方法は一つではなく、もしかすると相手との関係性をそこまで失わないような選択ができるかもしれません。

弁護士が行う方法は、私達が自分一人で行うことも不可能ではありません。確かに行えますが、手間と時間のことは置いておくとしても、依頼せずにそれを行う事は可能です。しかし、もし裁判への手続きとなるならば、また別の手にかかる問題が発生します。こういった手続きを正確に行う事は簡単なことではありません。正確さを期すということ、そしてそれが最終的にはプラスの結果に繋がるということを考えるなら、弁護士に依頼することがベストな方法である、という結論に至るかもしれません。