『時効』で消滅について

私達が普段保有しているお金は、よっぽどのことが無い限りその価値をまったく失うということはありません。私達が持っている千円札は当然ながら千円の価値を持つものと「交換」することができます。しかし、そういった場合のようにうまくいかないのが、売掛金の回収に関することです。売掛金は、時効が1年から5年までのものがあり、その時効を過ぎたり、本人が破産などの処理を行っていたりすると、請求自体が行えなくなり、回収ができなくなることがあります。時効は、内容証明などを送付することによって遅らせることは可能となっています。時効の年数については、注意しましょう。

特殊な例である場合を除き、売掛金回収をどうにかして行おうとするのは結果を伴わなかったり、危険を伴うことがあります。そういった時に、専門家…いわゆる弁護士に依頼するなら、その回収を自分で行うよりも、少なからず回収できる可能性が高くなります。当然、費用は掛かります。いわゆる『着手金』から『相談料』のように基本的に掛かるものから、裁判に発展したり強制執行を行うということになるなら追加で費用が発生します。ただ、きちんと調べるなら初回の相談料が無料になる場合もあります。